Business and Technology Trends: Commercial Lines

Report Summary

Business and Technology Trends: Commercial Lines

Martina Conlon
Head of Property and Casualty Insurance
Eric Weisburg
Senior Principal
Steven Kaye
Head of Knowledge Management

July 27, 2021 -ビジネス向け保険(Commercial lines Insurance)を扱う損害保険会社は、事業拡大の手段として、保険料の引上げ/営業地域の拡大/新商品の導入に加え、データ分析の活用を進めている。保険会社の目指すところは、業務コストの削減と、保険料算出/引受けの適正化、それに成長の追求である。コロナ・パンデミックにより一部の商品で売上げが低迷し損失リスクも発生しているが、保険会社自身は、ビジネス戦略やテクノロジー戦略の方針変更は限定的としている。

本レポートでは、ビジネス向け保険を扱う損害保険会社のビジネス面/テクノロジー面の課題と、データ/データ・マーケットプレイスの動向を概観し、この分野のテクノロジー投資事例(15件)を報告する。

トピックス

  • 市場トレンドとビジネス動向
  • 損保業界で活動が活発な分野
  • システムに関する課題、優先事項、事例
  • 今後のテクノロジーに関する優先事項予想

注目点

ビジネス向け保険を扱う損害保険会社は、販売チャネルまわりの投資を最も重要視しており、これは、デジタライゼーション/データ分析/コア・システムすべてに関わっている。  新規顧客の獲得/既存顧客のリレーション維持のために、代理店サポートは欠かせないが、スモール・ビジネスへのビジネス拡大を目指すには、直販能力の拡大がそれ以上に重要となっている。 

損害保険会社は様々なデータの積極的な活用を進めており、特に「新規保険の引受け」と「保険金請求に関連する処理」においてそれが顕著である。 従来から活用していたWebサイトやSNSに関するデータ(サードパーティー経由)に加え、ドローンやIoT、テレマティクスから得られるデータを、ビジネス保険や自動車保険などあらゆる保険商品へ適用しようとしている。

データに加えて、AI/アナリティックスの活用にも様々な試みがある。 保険金の請求/カスタマー・サービス/引き受け業務で活用することで、保険金支払いを効率化し/顧客満足度を高め/リスクと保険料金を最適化しようとしている。

How can we help?

If you have a question specific to your industry, speak with an expert.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Expert

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates