Business and Technology Trends: Defined Contribution Retirement Plans

Report Summary

Business and Technology Trends: Defined Contribution Retirement Plans

Nancy Casbarro
Senior Principal
Manoj Upreti
Strategic Advisor
Steven Kaye
Head of Knowledge Management

August 2021 - 確定拠出年金運営管理機関(401kプラン・サービス・プロバイダー)は、プラン加入者/プランを提供するスポンサー企業/フィナンシャル・アドバイザーそれぞれに向けたポータルの機能改善を進めており、同時に利益率を向上させるべくデータ分析を強化している。これらの施策は、既存顧客及びその資産の維持/新規顧客獲得強化と、コスト削減を両立させようとの狙いからである。

本レポートでは、確定拠出年金運営管理機関の事業とテクノロジーに関する課題をまとめ、この市場をデータで眺めるともに、確定拠出年金運営管理事業を行っている保険会社のテクノロジー導入事例(複数)を紹介する。

トピックス

  • 確定拠出年金運営管理機関市場の動向
  • 当サービスを提供している保険会社の状況
  • サービス機能別に見たテクノロジーの課題/優先事項/事例
  • 今後、テクノロジー投資が必要となる分野

注目点

テクノロジー投資の大部分が、顧客の初期登録(case installation)と継続的なサポート機能に向けられている。  オンボーディングには、デジタル機能/データ分析/コアシステムへの追加投資が必要である。保険会社は、顧客との接点となる機能の強化に注力している。

ポータルの機能強化とコミュニケーションは非常に重要である。  プラン加入者のフィナンシャル・ウェルネス全般に配慮するためには、効果的なコミュニケーション/報告書の作成/データ分析が必要である。一方、プランを提供するスポンサー企業は、加入者向けコンタクト・センターや啓蒙サービスの充実度合に注目している。

規制の変更も、確定拠出年金運営管理機関の事業に影響を与えている。 最近の規制変更では、退職プランに年金商品を加えることが奨励されたり、グループ企業が合同でスポンサー企業となること(multi-employer planなど)が可能となっている。

How can we help?

If you have a question specific to your industry, speak with an expert.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Expert

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates