Insurance Fraud: Rethinking Approaches in the Digital Age

Report Summary

Insurance Fraud: Rethinking Approaches in the Digital Age

保険ビジネスにおいても、デジタル・チャネルを利用する顧客が増えているが、不正被害も増大しており、デジタル化のメリットが相殺される恐れがある。

 
Manoj Upreti
Strategic Advisor
Michael Trilli
Director, Insurance Practice
Stuart Rose
Strategic Advisor

Boston, September 21, 2021 – コロナ・パンデミックを背景に、保険業界でも大規模なデジタル・プラットフォーム/デジタル・プロセスの導入が進んだが、これは保険会社にとって諸刃の剣となりかねない。カスタマー・エクスペリエンスの向上/契約処理やサービスのスピードアップ/コスト削減などのメリットと同時に、犯罪者が個人情報を盗み、不正を働くことに手を貸すことにもなりうる。保険会社は、確実な不正防止が可能となる抑止策と適切な本人認証体制を確立しなければならない。

本レポートでは、パンデミック1年目における保険業界のデジタル化の進展と、それに伴う不正の増加を概観し、その流れが保険会社に与える影響を分析した。また、不正防止ソリューションとその採用状況、不正管理のための多層的なアプローチの利点についても考察している。執筆にあたっては、LexisNexis Risk Solutionsの協賛を得て、2021年5月、米国保険会社(2020年度保険料収入が5億ドル以上)132社の不正防止戦略部門を対象にオンライン調査を実施した。

本レポートには、図7点と表4点が含まれます(全23ページ)。アイテ・ノバリカ・グループのHealth Insurance, Life InsuranceもしくはProperty & Casualty Insuranceセグメントをご契約のお客様は本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートはLexisNexis Risk Solutionsに言及している。

How can we help?

If you have a question specific to your industry, speak with an expert.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Expert

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates