Zero Trust Starts With Identity: Protecting Active Directory

Report Summary

Zero Trust Starts With Identity: Protecting Active Directory

効果的なゼロ・トラスト・セキュリティを導入するためには、アイデンティティ管理の高度化を避けて通れない。

Steve Hunt
Strategic Advisor

Boston, September 30, 2021 –企業は、サイバーセキュリティを確保する方策として、ネットワークのペリメータ管理やエンドポイント機器の管理を推進しているが、攻撃する側はアイデンティティ情報を盗み出すことで、これらの対策をすり抜けてしまっている。ネットワーク全体に対するサイバーセキュリティを強化するためには、マイクロソフト・アクティブ・ディレクトリー(AD)の保護を強化する必要があり、サイバー・セキュリティ・ベンダー各社もADへの注力を強めている。ADは、アイデンティティ管理の中心であり、どの企業でも特別な位置づけにあることから、ゼロ・トラスト・セキュリティ導入の際の要でもある。

本レポートでは、Attivo Networks、Crowdstrike、Microsoft、QOMPLX、Tenableの5社の概要を紹介する。

アイテ・ノバリカ・グループのCybersecurityセグメントをご契約のお客様は、本レポート(全15ページ)をダウンロードいただけます。本レポートに掲載されたトピックの詳細につきましては[email protected]までお問い合わせください。

How can we help?

If you have a question specific to your industry, speak with an expert.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Expert

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates