VPNs and Private Browsing: Best Practices in Securing the Unknown

Report Summary

VPNs and Private Browsing: Best Practices in Securing the Unknown

VPNやプライベート・ブラウジングを利用する顧客へのベストプラクティス

金融機関は、様々なリスクが次々と出現する中、どれが「本物の脅威」かを見極めなければならない。

Gabrielle Inhofe
Associate

Boston, September 8, 2022 – VPN やプライベート・ブラウジングは、オンライン・サービスを利用するユーザーに対しプライバシー保護とセキュリティ環境を提供する。ただ、犯罪者もこれらのツールを利用して金融犯罪/サイバー犯罪を行うようになってきた。金融機関は、顧客がVPNやプライベート・ブラウジングを使ってオンライン・バンキングにアクセスした場合、ロケーション・データやデバイス情報が入手できないため、認証プロセスが複雑になるという課題を抱えている。

本レポートでは、顧客がVPN/プライベート・ブラウザを利用した際の、大手金融機関における本人認証方策をまとめた。執筆にあたっては、20227月に北米の大手金融機関15行へのヒアリングを実施した。

弊社 Fraud & AML service をご契約のお客様は、本レポート(全12ページ)をダウンロード頂けます。

How can we help?

If you have a question specific to your industry, speak with an expert.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Expert

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates