U.S. Identity Theft: Adapting and Evolving

Report Summary

U.S. Identity Theft: Adapting and Evolving

米国消費者8500人に対するID盗難実態調査

米国においては、残念ながらID盗難の被害から免れることは非常に難しい。

 

Shirley Inscoe
Strategic Advisor

Boston, June 7, 2022 – 米国では、個人IDの盗難が多数発生しており、被害に遭った消費者は、金融機関/企業に対する信頼感を喪失し、他社へ移ってしまう可能性もある。堅固な消費者保護と万一の際の手厚いサポートを差別化策とする企業は、社会から高い評価を得るとともに顧客の満足も向上し、結果、業績向上につながることも十分考えられる。

本レポートは、2021年度の米国消費者の個人情報盗難に関する現状を調査し、2020年度のデータと比較したものである。執筆にあたっては、2022年第一四半期に米国消費者8500人を対象として、過去1年間(2021年度)の個人ID盗難に関する実態(金融機関口座/保険/政府の各種支援プログラム/ポイントなどのリワード口座を含む)をアンケート調査した。なお、この調査プロジェクトは、Refinitiv傘下のGIACT社のスポンサーシップにより実施した。

本レポートには図37点が含まれます(全52ページ)。アイテ・ノバリカ・グループのFraud & AMLセグメントをご契約のお客様は本レポートおよびチャートをダウンロードいただけます。

Download table of contents

How can we help?

If you have a question specific to your industry, speak with an expert.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Expert

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates