U.S. Home Insurance Premiums: Consumer Bill Payment Trends

Report Summary

U.S. Home Insurance Premiums: Consumer Bill Payment Trends

保険会社のウェブサイト、モバイルアプリ、対面取引およびインバウンド・コールセンターの全チャネルをあわせると、受取り保険料全額の65%を占める。

Michael Trilli
Director, Insurance Practice

Boston, May 18, 2021 – 消費者がさまざまな請求書の支払いを行う際、住宅保険料はその中で一種特別な存在といえる。住宅保険料を直接保険会社へ支払う消費者もいれば、保険料を住宅ローン返済金と一緒にエスクロー口座を通じて支払う消費者もいる。エスクロー口座を通じて間接的に支払われる住宅保険料もあり、保険会社が契約者に働きかける機会は限られている。だが消費者が保険会社に直接支払う場合は、請求書の支払いや請求内容確認のために、まず保険会社のウェブサイトやモバイルアプリを利用する場合が多い。

本レポートは保険会社、コアシステム、金融機関およびペイメントベンダーに対する消費者による住宅保険料支払い方法を調査したものである。本レポートではまずチャネル、支払い方法、頻度および請求書送付方法の概要をつかみ、2016年から2020年までの主な動向を比較するとともに、業界レベルの行動を明らかにするとともに、世代別区分を行い、より詳細なる分析を行った。本稿のためにアイテ・グループは、2020年第2四半期、米国の消費者3,039人を対象に調査を実施した。うち1,688人は、2019年3月から2020年3月の間に、住宅所有者(財物)保険料を支払った経験があると回答している。

本レポートには、図31点と表5点が含まれます(全36ページ)。アイテ・グループのProperty & Casualty Insuranceセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。

Download table of contents

How can we help?

If you have a question specific to your industry, speak with an expert.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Expert

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates