U.S. Consumer Spending During the COVID-19 Pandemic: The Best of Times, The Worst of Times

Report Summary

U.S. Consumer Spending During the COVID-19 Pandemic: The Best of Times, The Worst of Times

コロナ・パンデミックにより、消費行動とペイメント方法のデジタライゼーションが予想以上に進行した。

Ginger Schmeltzer
Strategic Advisor

Boston, December 16, 2021 – コロナ・パンデミックは、2020年3月以降の市民生活に大きな影響を与えている。米国の場合、学校/公園/商店/レストラン/オフィスなどは、政府の命令で閉鎖を余儀なくされ、市民は、感染拡大防止のためにできるだけ自宅に留まることが奨励された。通学/通勤/買い物/旅行など、ほとんどの日常活動が突如停止したことから、消費者や企業は消費活動の急転換を余儀なくされた。

当レポートでは、パンデミック前から2021年夏に至る市民の消費行動の変化を詳細に分析した。執筆にあたっては、データ・ベンダーFacteus社が提供しているデータと弊社の知見、更に公開情報を参考にした。

本レポートには、図38点が含まれます(全50ページ)。アイテ・ノバリカ・グループのRetail Banking & Paymentsセグメントをご契約のお客様は本レポートおよびチャートをダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートはB&H Photos, Bass Pro Shops, Best Buy, Carraba’s, Chick-Fil-A, Cleveland Clinic, Crutchfield, Delivery.com, Dollar Tree, Facteus, Google, Home Depot, Instacart, Jo-Ann Fabrics, Lowe’s, Marshalls, McDonald’s, Olive Garden, Pfizer BioNTech, Pottery Barn, Shipt, Subway, TJ Maxx, Tyson Foods, UC Health, United Airlinesに言及している。

How can we help?

If you have a question specific to your industry, speak with an expert.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Expert

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates