Trade-Based Money Laundering: Seek, Detect, and Prevent

Report Summary

Trade-Based Money Laundering: Seek, Detect, and Prevent

犯罪者のマネー・ロンダリング手法は、絶えず進化し巧妙化しており、とどまるところを知らない。

Colin Whitmore
Strategic Advisor
Other Author: 
Dr. Graham Baldock

Boston, April 1, 2021 –国内外を移動する膨大な量の商品とそれに携わる様々な人々、企業の複雑なネットワークを考えると、「貿易」はマネー・ロンダリングに理想的な仕組みといえるだろう。金融機関は、金融犯罪のリスクを検知するために、顧客が金融機関の様々なサービスをどのように利用しているかを把握し、不正リスクを総合的に評価する必要がある。

本レポートは、貿易に便乗したマネー・ロンダリング(以下TBML)を検知し、被害を防止するためのソリューション(テクノロジー/プロセス/データの組み合わせ)を考察する。執筆にあたっては、TBML/贈収賄防止/汚職問題の第一人者であるグレアム・ボールドック博士の知見をベースに、大手金融機関や業界エクスパートへのヒアリング、TBMLソリューション・ベンダーのブリーフィングなどから業界動向を把握した。

本レポートには、図4点と表6点が含まれます(全31ページ)。アイテ・グループのFraud & AMLセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。.

Download table of contents

本レポートにはAccuity, Alessa, BAE Systems, Bottomline Technologies, Brighterion, ComplyAdvantage, CSI, DataVisor, Dow Jones Risk & Compliance, EastNets, EY, Featurespace, Feedzai, FICO, Fiserv, GBG, Genpact, Global Compliance Institute (GCI), Hawk:AI, IBM, Inform GmbH, Innovative Systems, Jack Henry, Jocata, KYC2020, LexisNexis Risk Solutions, Lucinity, Napier, Neterium, NICE Actimize, Oracle, Pelican.ai, PwC, Quantexa, Refinitiv, SAS, Sanction Scanner, Socure, SWIFT, ThetaRay, TigerGraph, Tookitaki, Unit21, Verafin (Nasdaq)およびWolters Kluwerに言及している。

How can we help?

If you have a question specific to your industry, speak with an expert.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Expert

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates