Top 10 Trends in Property & Casualty, 2022: Succeeding in the Face of Uncertainty

Report Summary

Top 10 Trends in Property & Casualty, 2022: Succeeding in the Face of Uncertainty

損害保険各社は、不透明なビジネス環境の中、テクノロジーの活用でカスタマー・エクスペリエンスの改善と社員の生産性向上を目指している。

Stuart Rose
Strategic Advisor

Boston, January 6, 2022 – コロナ・パンデミックが収斂せず、従業員の在宅勤務が続く中、退社する社員も増加しているが、損害保険会社は、生産性向上でこれを乗り切り、更なる成長を狙っている。損保業界における2021年の大きなテーマは「デジタライゼーションによるカスタマー・エクスペリエンスの改善」であったが、2022年は「デジタライゼーションによる代理店エクスペリエンス/従業員エクスペリエンスの向上によるビジネス推進/効率化」へ歩みを進めると思われる。

不確実性の中でも成長を狙う

1. インシュアテックへの取組みが本格化する
2. 損保業務向けAIソリューションを導入する企業が増加している
3. データと分析技術の活用が、さらに加速するだろう。
4. サイバー攻撃の増大で、サイバーリスク保険ビジネスの成長が続く
5. 保険会社と代理店が共同してデジタル化を推進する
6. 人工知能を活用して、引受業務の大革新が間もなく始まる
7. 写真やビデオの活用でインスペクション業務/損害審査業務が効率化されり
8. 機会学習の活用で文書読み取り精度が大幅に向上する
9. AIを活用した保険金請求処理の最適化で、カスタマー・エクスペリエンスの向上と収益改善の両立する
10. 多数の保険会社がChief Fraud Officer(CFO)職の新設や、人工知能ベースの不正防止ソリューション導入などの新施策を打ち出す

アイテ・ノバリカ・グループのProperty & Casualtyセグメントをご契約のお客様は、このレポート(全15ページ)およびチャートをダウンロードいただけます。

本レポートはAmazon, Google, Kin, Lemonade, MetromileおよびRootに言及している。

How can we help?

If you have a question specific to your industry, speak with an expert.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Expert

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates