Third-Party Collections, 2021: A Year of Pivots and Possibilities

Report Summary

Third-Party Collections, 2021: A Year of Pivots and Possibilities

コロナ・パンデミックが猛威をふるう中、債権回収代行ビジネスは、課題を抱えつつもここまで概ね順調だった。

Leslie Parrish
Strategic Advisor

Boston, February 17, 2021– 債権回収代行業は、金融機関/医療機関/通信会社などに代わって、滞納や債務不履行状態の顧客から債権を回収する事業者である。各社は、不良債権をできる限り回収するため、債務者毎に個別の回収方策を考え、効果的なコミュニケーションを行わなければならない。2020年、債権回収代行業もリモート・ワークを強いられ、かつ規制の急速な変更(=コロナに伴う失業者対策としての債務猶予処置など)や金融機関顧客からの期待値の変化、加えて、債務者(消費者)の失業などの緊急事態にも対処しなければならなかった。

本レポートでは、債権回収代行各社の重要課題、昨年使用した各種ツールとその利用結果、更に業界全体の動向をまとめた。TransUnion社にスポンサー頂いた本調査では、2020年第3四半期、米国の債権回収代行業界の従事者209名を対象にしたアンケートを実施した他、2020年第2および第3四半期に、債権回収代行業界のオピニオンリーダー13名とのインタビューを行った。

本レポートには、図45点と表3点が含まれます(全50ページ)。アイテ・グループのRetail Banking & Paymentsセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。

Download table of contents

How can we help?

If you have a question specific to your industry, speak with an expert.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Expert

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates