Property/Casualty Subrogation Analytics: Overview and Prominent Providers

Report Summary

Property/Casualty Subrogation Analytics: Overview and Prominent Providers

損害保険の代位求償分析:業務概況/課題と主要ソリューション・ベンダー

損害保険会社にとっては、損失に加えて、代位求償のための費用が大きなコスト要因となっている。

Deb Zawisza
Senior Principal
Steven Kaye
Head of Knowledge Management

Boston, June 16, 2022 – Boston, June 16, 2022 – 全米代位者協会の推計によると、損害保険業界全体で、代位求償を実施できなかったことで15億ドルの損失が発生しており、これは処理済みクレームの15%に相当している。代位求償分析ソリューションは、AIなどの最新技術を組み込むことで進化しており、構造化データ/非構造化データを迅速に分析し、代位求償が可能なケースを抽出することが可能となった。

本レポートでは、損害保険における代位求償分析スソリューション・ベンダー市場を概説する。執筆にあたっては、保険会社が同ソリューション導入を検討する際に、役立てて頂くことを念頭に、ベンダー各社に対してRFIを配布し回答を求めた他、製品デモ/デスク・リサーチで収集した情報を活用した。

本レポートでは、次のベンダーを取り上げた:Ajira AI, CCC, EXL, Gigaforce, Guidewire, InsurAnalytics, Megaputer Intelligence Inc., Shift Technology, Source7, TractableおよびVeriskの11社。

本レポートには表2点が含まれます(全21ページ)。アイテ・ノバリカ・グループのProperty & Casualtyセグメントをご契約のお客様は本レポートおよびチャートをダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートはNational Association of Subrogation Professionalsに言及している。

How can we help?

If you have a question specific to your industry, speak with an expert.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Expert

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates