P&C Underwriting Fraud: A Market Overview

Report Summary

P&C Underwriting Fraud: A Market Overview

損害保険の申し込み段階における不正による損失は、業界全体で年間数十億ドルにのぼる。

Stuart Rose
Strategic Advisor

Boston, April 28, 2021 – 損害保険分野における保険金詐欺の全貌を把握することは非常に難しい。不正行為は、発見を防ぐべくあらゆる手段を尽くすので、すぐ発覚しなければ、保険会社自身が不正行為を把握できない可能性もある。不正行為は、保険のライフサイクルのあらゆる段階でも起こり得るが、これまでは、保険金請求時の不正摘発に焦点が当てられてきた。昨今、不正行為が保険の申込み段階から始まることに気づいた保険会社は、テクノロジーを活用して不正な保険加入を阻止すべく、多額の投資を行うようになった。

本レポートでは、損害保険会社にとって頭痛の種となりつつある保険加入時における不正の種類と、これらを阻止する上での課題を解説する。また、当レポートで取上げた内容は、保険会社向け詐欺防止ツール等を比較検討する際にも役立つと考えられる。執筆にあたっては、米国の保険会社の引受け部門や保険詐欺問題の専門家、欧米の保険業界向け不正防止ベンダーを対象に、2021年2 - 3月に合計24回のインタビューを実施した。

本レポートには、図4点と表6点が含まれます(全41ページ)。アイテ・グループのFraud & AMLもしくはProperty & Casualty Insuranceセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートは、BAE Systems, Betterview, Cape Analytics, Carpe Data, CRIF Decisions Solutions, Daisy Intelligence, Fenris Digital, Flyreel, Fraud Sniffr, FRISS, Insurance and Mobility Solutions (IMS), LexisNexs Risk Solutions, Mohawk, Octo Telematics, Quantexa, SAS, Shift Technology, Skopenow, TransUnion, TrueMotion, VeriskおよびZesty.aiに言及している。

How can we help?

If you have a question specific to your industry, speak with an expert.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Expert

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates