Open Banking, Open Finance, Open Economy: The New Identity of Finance

Report Summary

Open Banking, Open Finance, Open Economy: The New Identity of Finance

オープン・バンキングからオープン・エコノミーへの道筋

オープン・バンキング/オープン・ファイナンスは、オープン・エコノミーへの第一歩だったということになるかもしれない。

 

Ron van Wezel
Strategic Advisor
John Horn
Director, Cybersecurity Practice

London, 31 May 2022 – 顧客ニーズやテクノロジーの進化、更に(オープン・バンキングを後押しする)レギュレーションを背景に、様々な金融サービスが登場している。消費者は自身の金融関連データを集めて、自分が指定する金融機関やフィンテック・ベンダーに提供し、適切な管理を行えるようになってきた。このような動きは、オープン・バンキング/オープン・ファイナンスと呼ばれており、オープン・エコノミーの第一歩となる可能性がある。オープン・エコノミーが実現した暁には、消費者はデータを自由自在に活用することができ、イノベーションは進み、様々な企業が新しい事業/斬新なビジネス・モデルを組み立てるようになるだろう。 

本レポートは、オープン・バンキング/オープン・ファイナンスのトレンドを分析し、更にオープン・エコノミーへの進化を考察してみた。執筆にあたっては、2022年3月から5月にかけて、欧米の大手金融機関/フィンテック企業14社にインタビューを実施した。

本レポートには、図8点と表3点が含まれます(全43ページ)。アイテ・ノバリカ・グループのRetail Banking & PaymentsもしくはCybersecurityセグメントをご契約のお客様は本レポートおよびチャートをダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートはBancorp, BBVA, Cake, Ducit.ai, Goldman Sachs, HSBC, Klarna, Koyo, Lumio, Mastercard, Mint, Mojo, Moneybox, Moneyhub, N26, Okta, QuickBooks, Plaid, Starling, Solarisbank, Tink, Trustly, Tully, Visa, Wells Fargo, WiseおよびZero.に言及している。

How can we help?

If you have a question specific to your industry, speak with an expert.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Expert

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates