Mitigating Fraud in a Digital World: What Can Be Learned From Fintech Firms

Report Summary

Mitigating Fraud in a Digital World: What Can Be Learned From Fintech Firms

金融機関の不正管理業務に対するアウトソーシング・サービスは、社内業務を簡素化するとともに、(自社では採用が難しい)不正分野の専門家を活用する方策として関心が高まっている。

David Mattei
Strategic Advisor

Boston, January 18, 2022 – 過去10年間、様々な不正対策ソリューションが急増したため、多くの企業が単独のばらばらなソリューションに囲まれる事態に陥っている。それぞれのポイント・ソリューションは、他のソリューションで有益なデータを含んでいる可能性も高いのに共有できていない。テクノロジーの活用に独自性を打ち出しているフィンテック企業では、「不正検知システムの統合環境」という優れた切り口を提供している。

本レポートでは、Sift社の後援を得て、米国/英国のフィンテック企業が提供している金融口座関連/ペイメント関連の不正防止フレームワークに関して、今後数年間にどのような機能拡張を計画しているかをまとめた。執筆にあたっては、2021年第3四半期に、米国と英国のフィンテック企業110社を対象に、ユーザーのデジタル・アカウントやトランザクションを保護するためのアプローチに関するアンケート調査を実施した。110社の内訳は、三分の二が消費者向け金融サービス(ウェルス・マネジメント企業(35%)、パーソナル・ファイナンス(20%)、デジタル・ウォレット(10%))分野、残りがその他の分野のフィンテック企業だった。

本レポートには図17点と表2点が含まれます(全29ページ)。アイテ・ノバリカ・グループのFraud & AMLセグメントをご契約のお客様は本レポートおよびチャートをダウンロードいただけます。

Download table of contents

 

How can we help?

If you have a question specific to your industry, speak with an expert.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Expert

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates