Maximizing the Potential of CNP: Collaboration via 3-D Secure Is Key

Report Summary

Maximizing the Potential of CNP: Collaboration via 3-D Secure Is Key

3Dセキュア(3DS)は、世界中のカード発行金融機関と小売り事業者にとって、CNP不正対策の切り札となっている。

Julie Conroy
Head of Risk Insights & Advisory
David Mattei
Strategic Advisor
Ron van Wezel
Strategic Advisor

Boston, October 21, 2021 – 2020年度のCNP決済件数は、コロナ・パンデミックの影響から、2019年と比べ25‐30%の増加となった。犯罪者は、パンデミックの前からCNP取引を不正行為の格好の対象としており、世界中の小売事業者/カード発行金融機関/ペイメント・ネットワーク/監督官庁は、CNP詐欺の増加を阻止する方法を模索しているが、その中心となる仕組みが3DS(3Dセキュア)である。

本レポートでは、3DSとCNP詐欺に関してカード発行金融機関と小売り事業者の戦略を調査し、その成功事例と今後の改善/進化の機会を検証する。執筆にあたっては、Outseer社がスポンサーとなり、北米/欧州/アジア太平洋地域の大手カード発行金融機関/プロセッサー34社に対してインタビューを実施するとともに、中堅から大手のEC事業者の不正担当部門責任者755人を対象に、アンケート調査を実施した。

本レポートには図23点と表5点が含まれます(全40ページ)。アイテ・ノバリカ・グループのRetail Banking & PaymentsまたはFraud & AMLセグメントをご契約のお客様は本レポートおよびチャートをダウンロードいただけます。

Download table of contents

How can we help?

If you have a question specific to your industry, speak with an expert.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Expert

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates