ISO 20022 Overview: Use Cases, Adoption, and Limitations

Report Summary

ISO 20022 Overview: Use Cases, Adoption, and Limitations

ISO20022は、ペイメント/証券/貿易/カード決済/外国為替などが抱える諸問題に対処すべく考案され、一定の成果を実現してきた。

Erika Baumann
Director, Commercial Banking & Payments Practice

Boston, February 1, 2022 – ISO 20022は、金融サービスにおける様々なデータ伝送時に利用するグローバル標準言語として、2004年に導入された。今後ISO20022をベースとした新たなテクノロジー・ソリューションが登場し、金融機関やその顧客企業の更なる効率化に寄与する可能性も高い。

本レポートでは、ISO 20022が登場した背景やユースケース、様々な業務での採用状況を解説するとともに、その推進要因/阻害要因をまとめた。また、世界各地のISO 20022の採用動向や、メッセージング標準への移行促進に関する取組みの限界についても言及している。執筆にあたっては、弊社のこれまでに実施した調査の結果と筆者の知見/経験を活用した。

アイテ・ノバリカ・グループのCommercial Banking & Paymentsセグメントをご契約のお客様は本レポート(全10ページ)をダウンロードいただけます。本レポートで取り上げられたトピックの詳細につきましては[email protected]までお問い合わせください。

本レポートはSWIFT, The Clearing HouseおよびVisaに言及している。

How can we help?

If you have a question specific to your industry, speak with an expert.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Expert

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates