Incident Response Retainer Services: Responding to the Scene of the Crime

Report Summary

Incident Response Retainer Services: Responding to the Scene of the Crime

サイバー攻撃による被害のパターンは様々なケースが考えられることから、金融機関は事前にインシデント・レスポンス(IR)体制を確立しておくことが不可欠である。

Tari Schreider
Strategic Advisor

Boston, October 26, 2021– 金融機関にとって、インシデント・レスポンス(IR)対策に関する周到な準備と予行演習が不可欠となってきた。2020年12月、米金融当局(FRB/FDIC/OCC)は共同で、金融機関はサイバー被害にあった際、当局に対して36時間以内の報告を義務づけるレギュレーション案を発表しており、IR対策は単なるビジネス面の課題から規制要件となる可能性が生まれてきた。

本レポートは、金融機関がサイバーセキュリティ・インシデントに際して、あらかじめ契約した外部企業から即座に支援が得られるIRR(インシデント・レスポンス・リテイナー)サービス市場に焦点を当てる。執筆にあたっては、2021年8月から9月に、総合的なIRRサービス分野のグローバル・ベンダー24社を対象に詳細調査を実施した。

本レポートには図9点と表11点が含まれます(全69ページ)。アイテ・ノバリカ・グループのCybersecurityセグメントをご契約のお客様は本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートは次の企業に言及している: Air Partner, Aon, Apax Partners, AT&T Canada, BakerHostetler, Beazley, Booz Allen Hamilton, CFC Underwriters, CREST International, Crowdstrike, Cynet Security, eSentire, Federal Reserve System, Federal Deposit Insurance Corporation, F5 Networks, Field Effect, Fortinet, Forum of Incident Response and Security Teams Inc., Google, Greenfield Partners, Group-IB, Ingalls, Herjavec Group, Incident Response Consortium, Lloyd’s Register, Nettitude Group, Omnigo Software, PwC, Rapid7, The National Cybersecurity and Communications Integration Center, SANS, Sophos, The United States Computer Emergency Readiness Team, Treasury’s Office of the ComptrollerおよびWarburg Pincusに言及している。

How can we help?

If you have a question specific to your industry, speak with an expert.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Expert

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates