Improving Case Management: Vital for Fraud Investigation Success

Report Summary

Improving Case Management: Vital for Fraud Investigation Success

不正調査におけるケース・マネジメント・ツールの重要性

不正調査を行う際のケース・マネジメントが適切に行われなければ、適切ではない意思決定や不正事案の見落としが生じ、更に担当者の不満/業務効率の低下/コスト上昇などを招いてしまう。

Shirley Inscoe
Strategic Advisor

Boston, May 17, 2022 – 「適切な道具があれば、どんな仕事でも能率が上がる」は真理である。ところが、不正調査の担当者の場合、AML部門向けに作られたレガシー・ケース・マネジメント・ソリューションを利用している事例がきわめて多い。不正犯罪は高度化しており、新しい手口で攻撃され、これまでの防衛手段が役立たなくなるケースも多発している。時代遅れのツールしかなければ、取り返せる資金も取り返えせない。担当者の努力をフルサポートできるケース・マネジメント・ツールが必須である。

本レポートは、金融機関の不正調査担当部門の責任者と、この分野のソリューション/サービス・ベンダーに参照頂くことを念頭にまとめたものである。執筆にあたっては、北米の金融機関21社の金融犯罪部門を対象に、オンライン・アンケート調査を実施した。

本レポートには図11点と表2点が含まれます(全26ページ)。アイテ・ノバリカ・グループのFraud & AMLセグメントをご契約のお客様は本レポートおよびチャートをダウンロードいただけます。 .

Download table of contents

本レポートは、Abrigo, ACI Worldwide, Acuant Compliance, Aithent, BAE Systems, Bottomline, CustomerXPs, DataVisor, Featurespace, FICO, FIS, Fiserv, Globalvision Systems, Hummingbird, IBM, INETCO, Jack Henry & Associates, LEAN Industries, Microsoft, NICE Actimize, Open Technology Solutions, Oracle, Pegasystems, RSA Archer, SASおよびVerafinに言及している。

How can we help?

If you have a question specific to your industry, speak with an expert.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Expert

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates