Global Document Identification and Verification: Market Overview

Report Summary

Global Document Identification and Verification: Market Overview

「写真付き公的書類」と「自撮り写真」を自動照合する身元確認/ユーザー認証(ID&V)ソリューションは、デジタル・チャネルにおける必須機能であり、成長領域でもある。

David Mattei
Strategic Advisor
Colin Whitmore
Strategic Advisor

Boston, July 22, 2021 – コロナ・パンデミックによりデジタル・チャネル経由の非対面取引が急増している。金融機関や小売り事業者にとっては、デジタル・チャネルでの取引の際、いかに本人確認を行うかが重大な課題となっており、「写真付き公的書類(パスポートや免許証など)」と「自撮り写真」を自動照合する身元確認/ユーザー認証(ID&V)ソリューションへの注目が高まっている。パンデミックが収束し、社会が「平常状態」に戻っても、消費者は様々な金融サービスにデジタル・チャネルを使い続けると思われる。

本レポートでは、Document Identification and Verification(ID&V:身元確認/ユーザー認証)市場における主要トレンドをまとめ、このテクノロジーが発展してきた経緯と、ベンダーがどのようにして確実で信頼に足るソリューションを提供しているかを解説する。執筆にあたっては、弊社が実施したID&Vソリューションに関する調査に参画いただいたベンダー10社と、そのユーザー企業28社から得た情報をまとめた(10社からご提供頂いた詳細情報は、別途Aite Matrixレポートとして執筆している)。また、この10社以外のベンダーに対する調査からの情報も加味している。

本レポートには図9点と表2点が含まれます(全39ページ)。アイテ・グループのFraud & AMLセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートはAccelitas Inc., Acuant, Au10tix, AuthenticID, Aver, BlockPass, Daon, Early Warning Services, Equifax, Experian, Facebanx, Facepoint, FICO, Fourthline, GBG Group, GIACT, a Refinitiv company, ID Insight, ID.me, iDenfy, Idology (part of GBG), Intellicheck, Ipsidy, Jumio, Kofax, LexisNexis Risk Solutions, Mati, Melissa Global Intelligence, Mitek Systems, OneSpan, Onfido, Paycasso, Refinitiv, Samsung SDS, Shufti Pro, Socure, Thales, Transmit Security, TransUnion, Trulioo, Trusona, Veratad, Veridas, YotiおよびZignSecに言及している。

How can we help?

If you have a question specific to your industry, speak with an expert.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Expert

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates