Enterprise Identity Management: Evolving Aspirations and Improved Collaboration Are Transforming the Discipline

Report Summary

Enterprise Identity Management: Evolving Aspirations and Improved Collaboration Are Transforming the Discipline

金融機関における顧客情報管理(Enterprise Identity Management):現状と今後

金融機関は、顧客情報管理に関する全社的な取り組み(ポリシー/業務プロセス/ITインフラなど)が必要なことを認識し、その歩みを進めている。

Trace Fooshee
Strategic Advisor

Boston, July 14, 2022 – 顧客情報を厳密に管理することは、金融機関と顧客との信頼関係を醸成するための第一歩である。にもかかわらず、ごく最近まで顧客情報の管理は金融機関の部門毎に別々に行われ、情報が社内に散らばっているのが現状であった。昨今、金融機関が様々な事業戦略(CX改善や顧客情報の分析、リスク管理改善/コスト削減など)を打ち出すにつれ、今までの「分散型顧客情報管理」を発展させる必要性に迫られている。

本レポートでは(1)顧客情報管理(Enterprise Identity Management)のコンセプト、(2)金融機関における現状、(3)金融機関が顧客情報管理を進化させようとしている背景をまとめた。執筆にあたっては、20225月から7月にかけて、北米の金融機関12社(いずれもAUM300億ドル以上)へのインタビューを実施した。

本レポートには、図10点と表1点が含まれています(全21ページ)。 Fraud & AML Serviceをご契約のお客様は、本レポートをダウンロード頂けます。

Download table of contents

How can we help?

If you have a question specific to your industry, speak with an expert.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Expert

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates