The E-Commerce Fraud Enigma: The Quest to Maximize Revenue While Minimizing Fraud

Report Summary

The E-Commerce Fraud Enigma: The Quest to Maximize Revenue While Minimizing Fraud

Eコマース・サイトの苦悩:収益の最大化と不正防止の両立

ECサイトの52%は、不正防止システムで検知した「疑わしい」トランザクションの70%以上を、最終的には承認している。

Julie Conroy
Head of Risk Insights & Advisory

Boston, July 26, 2022 – Eコマース事業における不正対策は、ギリシャ神話のヒュドラ―(9つの首を持つ不死身の怪物)との闘いだ感じられることも多い。一つの手口に効果的な対策を講じても、すぐさま新しいパターンの攻撃が出現する。このような状況にもかかわらず、ECサイトは、多数の顧客にストレスが最小限のエクスペリエンスを提供し、売上げを最大化させる必要に迫られている。不正防止と収益の最大化をどう両立させるかは、永遠の課題である。

Experian社のスポンサーシップにより作成した本レポートでは、米国のEコマースサイトにおけるCNPCard-Not-Present)不正とフォールス・ポジティブ(偽陽性)の現状をまとめるとともに、様々なツールを組み合わせて運用している不正検知インフラの現状と、各ソリューション同士の連携を強化することで、フォルス・ポジティブと不正の双方を削減したいとのニーズに言及している。執筆にあたっては、20225月に米国の大手/中堅のECサイト207社に対して、電話アンケートを実施した。

本レポートには、図19点が含まれています(全26ページ)。Fraud & AML serviceをご契約のお客様は、本レポートをダウンロード頂けます。

Download table of contents

How can we help?

If you have a question specific to your industry, speak with an expert.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Expert

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates