Distribution and Compensation Management Maturity Model

Report Summary

Distribution and Compensation Management Maturity Model

保険ビジネスにおけるDCM機能成熟モデル:DCM機能(販売チャネル管理/代理店コミッション管理)は、以前はバックオフィスの一要素と考えられていたが、昨今では代理店チャネルを使った成長戦略の重要なコンポーネントと認識されている。

Eric Weisburg
Senior Principal
Nancy Casbarro
Senior Principal

Boston, March 15, 2022 – 保険会社は、様々な事業環境の変化(「代理店担当者のユーザー・エクスペリエンスへの期待」「競争」「ブローカー/エージェントの統合」「保険会社自身の成長戦略」「コロナ・パンデミックによるビジネス慣行の変化」「レガシー・システムのモダナイゼーション」等)により、DCM機能(販売チャネル管理/代理店コミッション管理)の抜本的な見直しを迫れている。保険会社は、実際に保険を販売してくれる営業担当者(代理店社員であれ/自社社員であれ)とのリレーションシップの在り方を再考しており、彼らをサポートする仕組みであるDCMは、単なるレギュレーションに則った業務処理システムではなく、競争を有利に進める「戦略的な武器」であると認識するようになってきた。

本レポートでは、アイテ・ノバリカ・グループが考案したDCM成熟度モデルを紹介する。同モデルを活用することで、保険会社は自社の現状と最終目標、更にその乖離度を把握することができる。  

本レポートには、表1点が含まれます(全27ページ)。アイテ・ノバリカ・グループのLife, Annuities & BenefitsもしくはProperty & Casualtyセグメントをご契約のお客様は本レポートをダウンロードいただけます。

Download table of contents

How can we help?

If you have a question specific to your industry, speak with an expert.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Expert

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates