CIO Checklist: Architecture Considerations for Next-Generation Bank Core Platforms

Report Summary

CIO Checklist: Architecture Considerations for Next-Generation Bank Core Platforms

銀行がコア・システムを更改を決定する際には、規制当局が求める要件に柔軟に対応できるかどうかが重要な判断基準の一つとなる。

Mitch Wein
Head of Financial Services CIO/CTO Advisory

Boston, March 1, 2022 – 米国の金融機関は、大手銀行のデジタル・サービスやネオバンク、フィンテック企業の金融サービス等との競争に乗り遅れないため、コアバンキング・プラットフォームの更新を急いでいる。既存システムが提供する機能(面倒な業務プロセスや一貫性がなく、使いづらいデータなど)では、消費者や顧客企業が求める21世紀にふさわしいデジタル・エクスペリエンスを提供できないことは明白である。

本レポートは、コアバンキング・システムの更改を行う金融機関の責任者(チーフ・アーキテクト/CTO/CIOなど)向けに執筆したチェックリストである。本レポートの内容は、2021年にFDICが新ガイドラインで定めた「次世代コアバンキング・プラットフォーム導入時のベスト・プラクティス」に沿って執筆した。

アイテ・ノバリカ・グループのCIO Advisoryセグメントをご契約のお客様は、本レポート(全18ページ)をダウンロードいただけます。本レポートで取り上げられたトピックの詳細につきましては、[email protected]までお問い合わせください。

本レポートはALLDATA, Bancorp, BBVA, ClarityMoney, Even Financial, Fidor, Fiserv, Mulesoft, N26, Nium, OpenPayd, Plaid, Raisin, Solarisbank, Starling Bank Marketplace, Stripe, SmartWallet, Tink, Token.IO, Transferwise, Trovata, TrueLayer, Vaamo, XinfinおよびYodleeに言及している。 

How can we help?

If you have a question specific to your industry, speak with an expert.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Expert

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates