Card Payment Tokens: When Good Tokens Go Bad

Report Summary

Card Payment Tokens: When Good Tokens Go Bad

トークナイゼーションによるカード決済:トークン決済は、流出したカード情報の不正利用を防止し、カード再発行の手間を省くこともできるが、考慮しなければならない課題もある。

Jim Mortensen
Strategic Advisor

Boston, March 9, 2022 – ペイメント・トークンにはいくつかの形態があり、ユースケースも多様である。そのため、情報が漏洩した場合は、トークンの種類や不正の手口により、修復方法/顧客への対応/業務への影響を最小化する方策などが異なり、適切な対応を行うためには課題も多い。

本レポートでは、ペイメント・カードのトークナイゼーションの種類、ペイメント・トークンの利用法、さらに情報漏洩の際の修復方策を解説する。加えて、アプローチの違いにより、イシュアー/加盟店/カード会員それぞれのメリットと問題点を解説する。執筆にあたっては、米国金融機関の不正防止部門に対するヒアリングを実施した他、デスク・リサーチによる情報も加味した。

アイテ・ノバリカ・グループのFraud & AMLセグメントをご契約のお客様は、本レポート(全13ページ)をダウンロードいただけます。本レポートで取り上げられたトピックの詳細につきましては[email protected]までお問い合わせください。

How can we help?

If you have a question specific to your industry, speak with an expert.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Expert

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates