Building a Diverse Practice: The Value of CFP® Certification to Female Advisors

Report Summary

Building a Diverse Practice: The Value of CFP® Certification to Female Advisors

女性CFPを擁するウェルス・マネジメント企業は、極めて有利な立場にあると言えよう。

Sophie Schmitt
Project Manager
Dennis Gallant
Strategic Advisor

Boston, April 29, 2021 – 調査によると、ファイナンシャル・アドバイザーとクライアントの関係において、性別がある程度の影響力を与えると考えられる。クライントが女性の場合、アドバイザーも女性であるほうが、男性アドバイザーの場合よりもお金の話をしやすいと感じるという。ベビー・ブーマー世代が保有する金融資産総額は30兆ドルと想定されるが、女性の平均寿命のほうが長いことから2030年頃までには、これらの資産の大部分は女性の裁量下になると思われる。従来、男性が大多数であったウェルス・マネジメント業界において、女性アドバイザーの増員が急務であることを示す人口統計データはこれにだけではない。

Certified Financial Planner Board of Standards Inc. (以下CFP Board)の依頼で実施した本調査では、ウェルス・マネジメント事業における女性CFPの特徴を明らかにする。執筆にあたっては、米国のファイナンシャル・アドバイザー400人を対象に2019年第3四半期にアンケート調査を実施したほか、CFP Boardがアドバイザー122人にフォローアップ調査を行った。

本トレポートには図12点と表1点が含まれます(全18ページ)。アイテ・グループのWealth Managementセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポ―トは、CFP Board, Merrill LynchおよびMcKinsey & Companyに言及している。

How can we help?

If you have a question specific to your industry, speak with an expert.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Expert

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates