Account Ownership and Digital Access: Consumer Financial Services in Germany, the U.K., and the U.S.

Report Summary

Account Ownership and Digital Access: Consumer Financial Services in Germany, the U.K., and the U.S.

米国/英国/ドイツ3か国の消費者5000人に対するデジタル・バンキング調査によると、デジタル金融サービスの活用は、社会階層や年齢層でかなりの差があるようだ。

Francisco Alvarez-Evangelista
Advisor

Boston, February 23, 2022 – 先進国では、消費者向けに様々な金融サービスが提供されており、スマホ/タブレットのアプリ、Webサイトなどからいつでも金融機関の口座にアクセスできる。この流れは、米国/英国/ドイツでは特に顕著であり、新規口座開設や口座管理が即座に行えることから、消費者の利便性は新たな段階を迎えている。

本レポートでは、米国/英国/ドイツ3か国における銀行口座の保有状況を調査するとともに、口座とアクセス・チャネルとの関連や利用に関する傾向を明らかにした。執筆にあたっては、2021年2月から3月にかけ、米国/英国/ドイツにおいて消費者5,386人に対する調査を実施した。ここでは、買い物の際のデジタル・レシートの選考性(紙レシートとどちらを選ぶか)に関する調査も実施した。

本レポートには、図16点と2点が含まれます(全30ページ)。アイテ・ノバリカ・グループのRetail Banking & Paymentsセグメントをご契約のお客様は本レポートおよびチャートをダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートはBlock, Chime, PayPalおよびGermany’s Statistisches Bundesamtにも言及している。

How can we help?

If you have a question specific to your industry, speak with an expert.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Expert

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates