BLOGS

INSIGHTS

BLOGS

Filter By:
E.g., 2022-01-19
E.g., 2022-01-19
July 20, 2021
現金に代わる支払い手段としては(物理的な)カードの利用が圧倒的ですが、スマートフォンによるモバイル決済もじわじわとシェアをのばしています。更に「スマホ決済はモバイル決済の第一歩」だとして、より便利/より簡単/より早いをめざしたペイメント手段の研究もおこなわれています。アイテ-ノバリカ・グループでは、6つの新たな決済手段(「ウエアラブル機器」「コネクテッドカー」「バイオメトリックスPOS端末」「バーチャルアシスタント」「体内埋め込みチップ」「脳波による支払(Pay by Thoughts)」)に関する最新動向と消費者の理解に関するヒアリングとアンケート調査を行い、レポート:「Beyond Cards and Moblie Phones:  Payment Form Factors of the Future」にまとめました。 ■ より便利でスピーディーな支払い手段 (...
Read Full Post
July 10, 2021
企業が保有する個人情報を含んだデータを加工することで、個人データ保護に関するレギュレーションに抵触することなく、ビッグデータ活用を促進する動きが始まっています。アイテ-ノバリカ・グループでは、この分野に取り組むテクノロジー企業Facteus社の取り組みをレポート「Facteus: Changing the Game With Synthetic Data」にまとめています。   ■ データ活用の課題 銀行の利益の源泉は、突き詰めると「金利」か「手数料」だが、どちらもコモディティ化が進んでいる。「第三の収益源はデータ販売だ」という見方は以前からあったが、「プライバシー保護の観点から無理」というの認識が一般的だ。これは、銀行取引やカード利用のデータから名前/住所/利用金額/生年月日などを取り除くとデータとしての意味がなくなり、一部を残すと(...
Read Full Post
July 2, 2021
2020年春のパンデミックとそれに伴うロックダウンの結果、米国金融機関の顧客サービスにおいては、ビデオ会議やチャットなどデジタル・コミュニケーション・ツールの活用が進みました。コロナ・ワクチンの接種が広まりパンデミックの終焉が視野に入る中、今後を見据えたデジタル・コミュニケーション・ツールに関する金融機関の認識をまとめてみました。 ■ 金融サービスにおけるデジタル・チャネル利用 米国では、2020年3月にコロナ・パンデミックによるロックダウンが本格化、金融機関店舗の一時閉鎖や入店時の事前アポイントが通常状態となった。ロックダウン直後は、コールセンター利用が急増したが、2020年夏以降は、金融機関各社がデジタル・チャネルの利用を推進した結果、オンライン利用やチャットボット、ビデオ会議の利用が大幅に増加した。バンクオブアメリカ・メリルリンチでは、デジタル・...
Read Full Post
June 20, 2021
企業がサイバー攻撃を受けたり情報漏洩が発生する背後には、ユーザーID/パスワードの不正流出があります。その解消策として、パスワードレス・ソリューションへの注目が高まっており、アイテグループでもこの動向を「Aite Matrix: Passwordless Authenitcation」にまとめました。 ■ サイバーセキュリティ強化とパスワード 社員が社内システムを利用する際には、ユーザーIDとパスワードによる認証が一般的だ。ただ、パスワードの管理は社員に任されており、セキュリティ強化のために桁数を増やしたり定期的な更新を義務付けることで社員の負担を増やしている。結果、パスワードの使いまわしが増えてリスクが増大したり、パスワードの再設定などに対応するサポート体制も必要となる。一方犯罪者は、社員にフィッシングを仕掛け、ログイン情報を入手しようとしている。 このような中、...
Read Full Post
June 10, 2021
昨今SDGs(サステイナブル開発目標)が注目されていますが、欧州の機関投資家が、SDGsに積極的な企業を評価するためのベンチマーク「アセット・オーナー・プラットフォーム(SDI‐ AOP)」を考案しています。アイテ・グループでは、この取り組みを「The SDI Asset Owner Platform: Sustinable Investing and SDG Alignment」としてレポートにまとめています。 ■ ESGと機関投資家 機関投資家/個人投資家ともども、投資先の選択の際にESG(環境(Environment)社会(Social)ガバナンス(Governance))の観点から企業評価を行うことが一般化している。ESGは、企業経営に対して、財務面だけでなく社会面/環境面への配慮も必要であるとする概念で、国連が2006年に責任投資原則(PRI: Principles...
Read Full Post
May 30, 2021
米国では、個人情報漏洩事件で流出したユーザーIDとパスワードがブラック・マーケットで大量にセット再販されており、犯罪グループはこれらの情報とボットを使って、ログインできるWebサイトを探し出しています。このようなサイバー犯罪への対抗策として、リスク評価モデルの活用が注目されており、アイテ・グループでは、この分野に取組を「Arkose Labs Case Studies: Stopping Fraud by Making Attacks Too Expensive」としてまとめています。 ■ 不正行為にも自動化の波 米国では、個人情報漏洩事件が頻発した結果、サイバー犯罪者は、ブラック・マーケットで多量の個人データ(ユーザー名とパスワードのセットなど)をいつでも大量に入手できる環境にある。これら潤沢な「リソース」を活用するため、犯罪者グループは、ボットを活用して「...
Read Full Post
May 24, 2021
プライベート・マーケット(未上場株式や私募債)のデジタライゼーションを進めるフィンテック企業リアルト・マーケッツの話題です。同社はブロック・チェーン・ベースのデジタル・セキュリティを使った引受け業務と、代替取引所(ATS)プラットフォームを利用する電子取引環境を提供しています。アイテ・グループでは同社の概要を「2020 Impact INnovation Award in Capitl Markets: Rialto Markets」にまとめています。   ■ 成長が予想されるプライベート・マーケット 調査によると、オルタナティブ投資(債券や株式など伝統的投資商品以外のアセット・クラスへの投資)の総額は、2025年には2020年の60%増となるとの試算がある(年率約10%増)。一方、米国の上場株式銘柄数は、合併や非上場化により2000年から40%減少している。...
Read Full Post
May 10, 2021
グローバル規模での貿易がますます盛んになる中、貿易取引に便乗したマネー・ロンダリング(Trade-Based Money Laundering:TBML)が増加する傾向にあり、金融機関/各国の規制当局ともども関心を高めています。アイテ・グループ ではこの分野の動向レポートを 「Trade-Based Money Laundering: Seek, Detect, and Prevent」として発刊していますが、ここではTBMLの概要を解説し、防止策/摘発策の方向性をまとめてみました。   ■ 貿易取引に便乗したマネー・ロンダリング WTCによると、世界の貿易額は2019年19兆ドルとなり、更なる拡大が見込まれている。グローバル化の流れに加わる諸国は増加し、フリートレード・ゾーンを設ける地域も拡大している。ただ、歴史的な経緯から、...
Read Full Post
April 10, 2021
大学生時代に、学生向け信用組合(Credit Union)の運営経験があるメンバーが創業した銀行DXベンチャー:NARMIの話題です。学生時代の銀行運営経験をCX改善とインテグレーションのフレキシビリティ向上に生かしており、今後の事業発展が注目されます。アイテ・グループでも3月に発刊したレポート「Retail Banking & Payments Fintech Spotlight: Q1 2021」で取上げています。 ■ パンデミック下での銀行利用の変化 コロナ・パンデミックによるロックダウンから金融機関の店舗利用が減る一方、オンライン/モバイル・アプリ経由の取引が増加している。アイテ・グループでは、パンデミック前時点でトランザクションの65%程度がオンライン経由だったのが、2021年初現在70%を超えたのではないかと推計している。今後は、Z世代/...
Read Full Post
April 4, 2021
改正個人情報保護法の成立やGDPR(EU一般データ保護規則)施行など、世界各地で個人情報保護に関する法制化が進み、ルールの内容も次第に強化される方向へ向かっています。個人情報を保有している企業では、データ・ガバナンスを強化する必要性が認識しており、この分野のテクノロジー・ソリューション:Privacy Techへの注目が高まっており、3月発刊のレポート「PrivacyTech for Financial Services: An Introduction」でもこの分野の動向をカバーしています。   ■   個人情報保護法の施行 様々な業界の企業が、多くのデータを収集/分析してターゲット・マーケティングを強化したり、カスタマー・サービスを向上させる試みを行っている。一方、世界各国で個人情報保護の強化を目指す立法化が進んでおり、...
Read Full Post

HOW CAN WE HELP?

If you have a question specific to your industry, speak with our experts.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Receive email updates relevant to you. Subscribe to entire practices or to selected topics within practices.